大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • nav_home_off
  • 日本ハウジングブログ
  • 2018年 9月22日
title

大分の彼岸花の名所

2018.09.22

秋のお花として思い浮かぶのは何でしょうか?

優しい色合いのコスモスが代表的かもしれませんが、真っ赤1色で咲き乱れる彼岸花もなかなか見応えがあります。

『彼岸花』という名前の由来は、秋のお彼岸の時期に秋分の日と前後の日だけに花を咲かせることから名付けられたと言われています。

【2018年の秋のお彼岸】
9月20日(木)~9月26日(水)
※ 秋分の日を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間

そして『彼岸花』は別名『曼珠沙華』(まんじゅしゃげ)と言われているのもよく耳にします。
「天上の花」という意味で、おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から降ってくるというところから名付けられたようです。

また、球根に毒を持っているので「毒花」と言われることもあるそうです。おめでたい名前から不吉な名前までいろいろな名前をもっているお花です。

そんな彼岸花ですが、いくつか名所があり、そんな名所の中では埼玉県の『ひだか巾着田』が有名で約500万本もの彼岸花が咲き乱れるそうです。

そして大分県にも名所がありました。
竹田市の「七ツ森古墳」の周辺です。
600坪ほどの広さに約20万本咲き、地方では珍しい群生地だそうです。
大林宣彦監督の映画「22才の別れ」での回想シーンにこの大分の彼岸花が登場し有名になったそうです。

『大分県観光情報公式サイトより』

開花していている状態の彼岸花を観るポイントは、空気が乾燥している状態が続いた後に雨が降ると、降った後に花が一斉に咲く現象が起こるらしく、雨後の彼岸花とも呼ばれているそうです。

毎年9月中旬に『七ッ森彼岸花祭り』が開催されます。
記録的猛暑でうんざりした暑さもやわらぎ始めるころです。
秋の訪れを感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.