大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • nav_home_off
  • 日本ハウジングブログ
  • 2018年 6月2日
title

カフェで、南フランスに出掛けませんか?

2018.06.02

カフェと言えば、美味しいコーヒー等をいただきながら、
寛いだり、おしゃべりしたり、とそれぞれに楽しい時間を過ごされると思いますが、
我がカフェ「くらぼ」は、ブックカフェですので、
美味しい飲み物に加え、旅行本を選べば、旅行にだって行けちゃうのです。(妄想ですが・・・)

ということで、今回の旅行先は、南フランスをおススメ。
『フィガロジャポン ボヤージュvol.38 南仏プロヴァンスとコートダジュールへ。』

中世の街並みが色濃く残る村や、紺碧の海を一望する街など、
心惹かれる風景に出会える南フランス。
この本の写真は、本当に美しく、妄想をより一層盛り上げてくれます。
以前、コートダジュールを旅したことがあり、
その時に訪れた街の写真を見ては懐かしくなり、
紹介されているお店を見ては、ぜひ行ってみたいと、切に思ってしまったり・・・。
カフェで思い出と妄想に、ひたすら浸ってしまいました。

特に、上写真のエズには思い出があります。
モナコを拠点に旅をしていたので、モナコからエズに行きました。
バスが便利良さそうなのでバスで行きたかったのですが、モナコのバス停が分からず、
結局電車で行きました。これがこの旅一番の思い出となりました。

旅行本に掲載されている鷲の巣村周辺の地図に、「ニーチェの小径」とありました。
駅に向かう道のように見てとれたのと、「ニーチェの小径」という名前に風情を感じ、
軽い気持ちで駅に降り立ち、ウキウキと楽しい気持ちで案内看板を見ました。
しかし、そこには「about 60 minutes」の文字が・・・。
予想もしなかった、「徒歩1時間!石がゴロゴロの山道を行く、エズ鷲の巣村への旅」
この1時間の間に、2人しかすれ違わなかった「ニーチェの小径」。
名前だけで判断するのは危険ということを、学びました。

旅行本は、憧れだけではなく、思い出もよみがえらせてくれます。
カフェで美味しいコーヒー片手に、ぜひ旅行本も手にしてみて下さい。
いつもとは違った時間が流れますよ!

暮らし×図書館×カフェ
Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.