TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  • nav_home_off
  • 日本ハウジングブログ
  • 2017年 2月20日
title

大分≒東北≒沖縄?

ここ最近は、ずいぶん冷え込む日が続きましたね。

天気予報でも、「大寒波」、「猛烈な寒さ」なんてことを聞きました。

 

ここ大分県でも、氷点下を大きく下回る日が続いたり、

地域によってはずいぶん積雪もあったようですね。

1486990962634_R

大分県は温暖で過ごしやすそう♪

と言われがちですが、ところがどっこい。

 

皆様、「省エネ基準地域区分」をご存知でしょうか?

暑い、寒いやエネルギー消費量を考えるとき、地域の気候特性を反映し、

日本を8つのエリアに分けた地域区分のことです。

DSC_0477_R

数字が大きいほうが温かい地域となるわけですが、

大分県内はなんと3つものエリアに分かれているのです。

 

山間の竹田市や由布市は5地域、これは石川や新潟など豪雪地と同じ。

県南の佐伯市の一部は7地域、これは鹿児島や沖縄の一部と同じ。

同じ県内でもこれだけ条件が違うのです。

ということは、「大分の家づくりはこうあるべきだ!」なんて一概には言えないんですね。

 

県内でもその地域に見合った家づくり、材料の選定が必要になってくるわけです。

 

この地域は温暖な気候と決めつけて、家づくりをサボってきたのでは、

リノベーションの際、調査したり壁を剥いだりするとよくわかります。

 

自分の家はどのような作り方をしているのだろう。

この寒波の中、いちど考えてみるよい機会です。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.