TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
column

府内町家スタイル 5

住まいの扉は「引き戸」の方がいい。

ill01

エアコンやファンヒーターは暖かい空気を出して空気を暖める。
一方、薪ストーブは遠赤外線で建物を満遍なく暖める。
だから少々換気をしても家は寒くならない。
同じように遠赤外線は直接人を暖めてくれる。
シャワーで体の表面だけ暖まるのと、温泉で芯まで暖まるのとが違うように、
ポカポカ感が違う。

冬は乾燥が気になるものだが、風の出ない薪ストーブは肌の乾燥を抑えてくれる。
上にやかんでも置いておけば加湿もしてくれる。
もし室内干しをすれば、一石二鳥である。

オール電化が主流になり、家に炎がなくなった。
なぜか炎はこころを癒す。じっと見続けて飽きないのはなぜだろう。
IHでやれば簡単なのに、薪ストーブで料理したくなるのはなぜだろう。
癒しの空間づくりに炎は大きな役割を果たしてくれる。

ⓒ 2015 Nihon Housing co.