大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 府内町家リノベーション
title

竹田古民家リノベーション

2017.10.05
府内町家リノベーション

遂に外構も工事がほぼ完了し、全貌が見えてきました。

 

竹田市の古民家リノベ。

府内町家のテイストと、古民家の持つ風合いがバランスよく調和しています。

そして通りからひと際目を引く室内庭園が。

ここを通ればついつい立ち止まって、この奥に何があるのか確かめたくなってしまうのではないでしょうか?

完成見学会も予定しています。

詳しくはホームページをご覧下さい。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

県南

2017.09.30
府内町家リノベーション

たくさんの被害をもたらした台風18号が去り、10日間ほど経ちますね。

幾日かボランティアへ参加させていただき、被害を目の当たりにしています。

市外や県外からも、毎日多くの人が集まってくれてありがたい限り。

水や電気のライフラインも落ち着いてきました。

主なボランティア活動は4~5人でチームを編成し、手が足りないお宅へお伺いするものです。

日常より床下に潜っている甲斐がありました…。床下に溜まっている泥を掻き出します。

建築の知識も役に立ちます。床下の腐食状況や緊急度、復旧方法などアドバイスができますね。

 

ボランティアには老若男女問わず、多くの方が来てくれています。

力自慢じゃない人でもすごく嬉しい。

被災した方のお話をきいてあげれるだけでも、随分気がラクになるそうです。

地域柄、単身世帯も多く、誰に何を相談していいかわからず困っている。と生の声も聞けました。

 

町の片づけが終わるころ、次は建築の出番ですね。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ドアホンカバー

2017.09.20
府内町家リノベーション

津久見のリノベーション工事が終盤になりました。

 

今回もまた見所満載なのですが、一つだけご紹介。

玄関に良くあるインターホン。

そこにお施主様自らアイアン製のカバーを手作りしてくれました。

台座も現場で試行錯誤して取り付けたので、なかなか大変でしたが仕上がりは上々です。

あとは、ここにシャビーな郵便ポストと手作りのアイアン表札が付いて完成です。

完成見学会も予定しています。詳しくはホームページをご覧下さい。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ネコの飼い主

2017.09.16
府内町家リノベーション

5月に工事が始まったリノベーション工事。

いよいよお引渡しが近づいてきました。

 

毎度この頃思うのは、「引き渡したくないこの家…」

 

調査から始まり、計画を練り、工事を見守り…。

長い間、育ててきたこのお家…。

お引渡しするのが、さみしいのです!

飼い主の旅行中の間、ペットのネコを自分が預かり育て、飼い主が旅行から帰ってきたのでお返しする…。

のような心情でしょうか(笑)

 

とは言えど、めでたいめでたい待ちに待っていただいたお引渡し!

バルコニーに芝も入り、いよいよ完成です!

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

床下の苦労

2017.09.14
府内町家リノベーション

現在、国東でリノベーション中のT様邸

施工中の大工さんより写真が届きました。

開いてみると床下の断熱工事中の写真

既存の床を残したまま床下から断熱工事を行う工事内容

床下は狭く作業もしにくい

さらには根がらみという横材も入っている為更に狭い状況

写真の大工さんは細身ですが自分であれば身動きが取れそうにありません

 

終わってみればわからないことですが家造りのなかには

見えないところにも大工さんや職人さんの苦労や技術が詰まっています。

特にリノベーションは新旧を合わせないといけません。

より技術と知恵が必要になります。

 

図面を形にする。それが仕事なので当たり前のようですが改めて考えると凄いことです。

大工さん職人さんいつも大変な作業ありがとうございます。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

津久見リノベーション

2017.09.11
府内町家リノベーション

今週末津久見市で行われるリノベーション見学会!

少しだけご紹介をしたいと思います。

家の外観はそのままに、中をこれからの暮らしにあわせてリノベーション。

二間を繋げたことで大空間になったリビング。

リビングからつながるウッドデッキは夏のBBQ、子供の遊び場に。

まだ工事中ですが、お庭もこれから楽しめる空間に。

 

見学会は9/16~18、完成したリノベーション現場を是非ご覧下さい!

 

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

1dayインターンシップ

2017.09.02
府内町家リノベーション

我社のインターンシップを御紹介。

毎月1回「独自のブランド戦略が学べる住宅業界1dayインターンシップ」を開催。

開催月により内容は変わりますが

住宅ブランド「府内町家」「府内町家リノベーション」「つなぐ家」を事業の柱に、

インテリアショップやブックカフェの運営、壁材のメーカーなど、

オリジナルブランドを展開している我社だからできる内容です。

 

8月のインターンシップでは、府内町家の現場監督と一緒にプレカット打合せ。

 

カフェでは美味しいコーヒーの淹れ方も体験。

 

この他にもインテリア検査を行ったりと充実の1日。

ビジネスマナーはもちろん、

日本ハウジングが創出する新たなビジネスモデルを学んでいただけたと思います。

 

参加してくださった学生からは嬉しい感想をいただきました。

お客様はもちろん、自分たち社員が納得できる家づくりをしていてプロ意識が高いと感じた。

漠然としていた働くイメージが具体的になった。

 

私たちも学生の若い感性や新鮮な発想に気づかせれることもあり素晴らしい1日でした。

現在、9月の募集をマイナビ2019にて行っております。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

日本の夕日百選

2017.09.01
府内町家リノベーション

豊後高田のリノベーション工事が少しづつ進んできました。

 

行きかえりに通る真玉海岸。

撮影スポットが沢山あります。

 

ここは粟島公園。縁結びの神様と評判の粟島神社があります。

人と人の出会いも縁。土地や建物との出会いも縁・・・

 

美しい夕陽に出会えました。

お客様との出会いに感謝しつつ、期待を超えれる家作りができるよう、日々励んでいきます。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

骨だけになりました

2017.08.30
府内町家リノベーション

臼杵市ではじまりましたリノベーション工事。

まずは解体が進んでいます。

 

骨格だけを残し、裸になった築35年の建物。

天井裏の大きな牛梁が姿をあらわしました。

見ての通り、とても状態のよい構造体。

今回の工事では、ここに足りない柱や壁を足していきます。

 

事前に検討しておいた構造計算を満足できるように、現地と照らし合わせて行くわけです。

そこは新築工事にはない仕事ですね。

丁寧に1本1本の柱を確認していきます。

 

まだまだ始まったばかりのこの工事。

冬の完成を目指しスタートです。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

城下町を見下ろす家

2017.08.24
府内町家リノベーション

竹田市でリノベーション工事が進んでいます!

 

お施主様のご厚意により、9/9〜10で見学会を開催するこの現場。

広々バルコニーから竹田の城下町を一望出来ます。

ネット越しに見えるのですが、もう少しの我慢。

 

手摺の設置も終わり、残すは塗装工事。

完成が楽しみです!

 

見学会は御予約制になっておりますので、興味のある方は是非ご連絡ください!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.