大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • nav_home_off
  • ブログ
title

大屋根の家上棟しました!

2017.06.23
府内町家

先日、大分市 I 様邸の棟上げを行いました。

I 様邸は2階から葺き下ろす大屋根が特徴的。

しかも、屋根の骨組を登り梁で構成しています。

見た目はシンプル。構造的には面構造で強く。

1階から棟まで続く登り梁は圧巻です。

1階リビングから見上げた空間も今までにない吹き上げ天井で気持ち良く。

皆様是非、構造見学会にてシンプルでダイナミックな大屋根の家をご覧になってください。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

お兄ちゃんの収穫

2017.06.21
府内町家

暖かくなって久しく、日中は汗ばむほどですね。

寒い間なかなか長い時間、外で遊べずに過ごしました。

今年は梅雨もどこへやら。

 

そんな今日この頃。

一番上のお兄ちゃんは自転車に乗れるようになってから

行動範囲が広がり、一人でどこへでも行くようになりました。

 

お兄ちゃんのお気に入りの場所が

大分川沿いの道を自転車で下ったところ、舞鶴橋です。

 

最近は休みのたんびに遊びに行ってそのままいつまでも

帰ってきません(汗)

始めの頃は持って行った虫かごに死んだハコフグをいれて

もってかえってきました。

もちろん、川へ帰すよう怒られました。

 

次のお兄ちゃんの収穫は、

カラスに内臓を食べられた、にわか腐りかけの

大きな魚。

 

これは相当怒られました。

「なんで、腐った魚持って帰るの~!」

 

その次、

大漁の海老・・・。

 

お母さんもここらへんになると気がつきます。

そうだ、怒っちゃいけないんだ。

男の子の狩猟本能とでもいうのでしょうか、

良かれと思って持って帰ってきてくれるのです。

川に生き物を見つけると、獲らずにはいられない・・・

これからは、なるべく調理しようと思っています。

怒ってごめんね、お兄ちゃん!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

とても文学な、いえづくり

2017.06.19
府内町家

先日村上春樹さんの新刊「騎士団長殺し」を読み終えました。

あまりにおもしろかったので、

でたばかりの川上未映子さんによる村上さんインタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」まで読んでしまって、

どっぷりと春樹ワールドにひたっています。

 

今回も小説の主人公はよく料理を作ります。

とにかく村上さんの小説の主人公は

1.しずかな場所に住んでいて、

2.料理をよく作り、

3.クラシックやジャズをよく聴くのです。

 

村上小説の優れた効用は、

なぜか読後に「アイロンをかけたり片づけをしたくなり、料理を作りたくなる」こと。

生活臭さはまったくないにもかかわらず、暮らしの所作の描写がとても多く、特別ではない特別感を味わえます。

わたしたちの生活はなにも特別なところはないけれど、

わたしたちじしんにとっては、かけがえのない特別なものなんだ、ということに気付かせてくれる物語なのです。

 

すぐれた住宅はすぐれた暮らしとともにあります。

すぐれた文学の基層にある「特別ではない特別感」がより良い家づくりの、実は、とても大切な考え方なのです。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

梅雨に入りましたよ!!

2017.06.17
府内町家

先日大分も梅雨入りしました。

 

この時期から工事が大変になります。

どうしても雨が降ったら工事を延期しないといけないものばかり、、、

現場泣かせの時期になりました。

 

しかしこのジメジメした感じをなくしてくれる物があります。

湯布珪藻土!!

珪藻土は自然素材で藻の化石になります。

珪藻土は小さな穴を持っていて湿気を吸ってくれます。

このジメジメした感じを吸い取ってくれます。

くらぼは天井も壁も珪藻土を塗っています。

この環境で本を読んだらすぐに寝てしまいそうです。

今度は外に目をやると紫陽花も見事に咲き誇っています。

この紫陽花は事務所に咲いていますのでぜひ見に来て下さい。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

玄関収納

2017.06.16
府内町家リノベーション

今回は大分市のリノベーション現場から。

玄関に造作のトールサイズの靴収納が設置されています。

このサイズなら家族が多くても、靴コレクターでも納得の収納量ではないでしょうか。

外観も極力シンプルに。取っ手は今回特別にお客様が探してくれたものを取り付けています。

底面には間接照明も。

何かと散らかりがちな玄関廻りですが、これならスッキリですね。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

万が一の為のお話

2017.06.14
府内町家

建物の打合せは、間取りを決めたり、電気配線を決めたりと、

「住む」ことに関わる話だけではなく、構造や保険(瑕疵保証)の話も行います。

「住宅瑕疵保険」という言葉を聞かれたことはありますか?

住宅の購入・建築工事に際して構造部分の「重大な欠陥」から消費者を守る為の保険です。

「重大な欠陥」とは、「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」の

基本的な性能を満たさない状態のことをいいます。

この保険は、新築工事の場合は施工会社に加入義務があります。

もちろん、この保険を弊社は過去一度も使用したことはありません!!が、

口で言うだけでは伝わらないので、実際の現場写真を使いながら、

保険の内容と工事の進め方を併せて説明しています。

 

また、先日のブログでもご紹介しましたが、

弊社では加入義務の無いリノベーション工事でも瑕疵保険に加入することができるようにしています。

間取りの話と違い、どちらかというと退屈に思われる話に受け取られがちですが、

建物の根本の事なので、ぜひぜひ耳を傾けて下さい。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

二本の柱

2017.06.12
府内町家リノベーション

大分市内で進行しているリノベーション。

工事もいよいよ終盤です。

 

以前はいくつかの小さな部屋があった1階を

大きな一つのリビングにリノベーション。

庭に向いた明るい部屋へと生まれ変わりました。

 

部屋に残る柱は以前の名残り。

柱のおかげで、ほんわかとキッチンとリビングのゾーン分けが感じられます。

向かって左は、前から残る柱、

向かって右は、新しく設けた柱。

新旧の共存ですね、

これから始まる新しい暮らしを共に支えてくれることと思います。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

DIY

2017.06.10
府内町家

先日、杵築のOB様のお宅へ訪問した際にご主人が施したDIYを見せてもらいました。

先ず目に入るのが何やら小屋の様なモノ。

大型のコンプレッサーや小道具を収納する小屋を自作されています。

もはやDIYとは呼べない仕上がりでした。

エンジニアだけあって仕事が丁寧です。扉や中の収納なども工夫されて作っていて

その発想に学ぶべき点が多くありました。

ウッドデッキもご自分で追加製作し、全体の塗装まで行っていました。

塗装は本職みたいなものなので流石という感じ。

刷毛で一度塗ったら濃すぎるのでサンダーで削り落として

ウエスで塗り込み直す程のこだわり様...。

ウッドデッキは大工さんの造りに合わせて造っていて

正直、大工さんの仕上がりと変わりません。

ほとんど本職みたいなものでDIYの極みでした。

これはちょっと極端な例でしたが皆さんも是非DIY楽しんでやってみてください!

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

竹田リノベ

2017.06.09
府内町家リノベーション

現在竹田市で2件のリノベーション現場が稼働中。

 

1件の解体工事が終わったので、関係者で現場の確認に行きました。

築浅ということもあり、中の構造はすごく立派。

間取りの変更もありますので、抜く柱・補強する箇所の確認や納まりの確認をしました。

これから基礎工事・大工工事が始まります。

今の家が生まれ変わっていく様子、またブログでご報告出来ればと思います!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

次男とデート

2017.06.07
府内町家

この間、次男と二人きりで過ごす時間があり、

「お母さんとデートしよ!」

と、誘ったら嬉しそうに「うん」と返事をしてくれました。

 

どこに行きたいか聞いてみると

「水族館!」

 

む、将来恋愛上手になりそうな答え。

 

魚が大好きな、次男。

いろんな魚の名前を覚えていて、たくさんおしえてくれました。

 

その前の日に長男ともデートしたのですが、

それぞれの成長段階をものすごく感じさせてくれて

本当に勉強になりました。

 

そしてクレヨンしんちゃんのアニメのおかげで

「パフェ」が食べたい次男。

 

初パフェしてきました。

3時のおやつだったこともあり、ペロリ。

結構大きかったのでびっくりしました。

 

最近、お兄ちゃんばかりかまっているようで、

ごめんね。

3男のイヤイヤ期も真っ只中だから、なかなか

家でもかまってあげられる時間が少ないです。

 

そういう毎日の中、次男と2人だけで一緒に時間をすごせて

お母さんは本当に楽しかったよ!

また、デートしようね。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.