TOPへ
大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
メニュー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • nav_home_off
  • ブログ
title

古民家リノべ

2017.12.11
府内町家リノベーション

野津町にまた一つ古民家のリノベーションが完成します。

 

風格のある昔ながらの入母屋造りの瓦屋根。

深い軒と換気の良い床下のお陰で傷みの少ない美しい家でしたが、

今回のリノベーションで次世代まで受け継いで行ける家に生まれ変わりました。

クリスマスにはお引き渡し出来そうですので、

ご家族にとって素敵なクリスマスプレゼントになるよう、

あと少し残りの工事をがんばります。

楽しに待っていて下さい!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

火が入りました!

2017.12.09
府内町家

さて、今年も府内町家モデルハウスの薪ストーブに火が入りました。

炎のゆらめきに、毎年のことながら、時の流れを忘れてしまいます。

薪をくべる時は、ちょっとした戦いですが(笑)。

週末だけにはなりますが、暖かい火が皆様をお迎えしています。

ご興味のある方は、ぜひ体感しにお越し下さい。

 

また、12/23には「薪ストーブのワークショップ」が行われます。

メンテナンスや薪割り等、ある時は実演を交えながら行われます。

ちょっとした薪ストーブクッキングのご紹介もあります。

こちらにも、ぜひ遊びに来てください。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

薪ストーブのある府内町家

2017.12.06
府内町家

お引渡し後、初めての冬を迎える府内町家へおじゃましてきました。

暖かい!

薪ストーブは、心も体も温めてくれます。

 

少し手間がかかりますが、そこも楽しみの一つ。

燃料となる薪を調達したり、薪を炉内に入れたり…。

しかし、コツを掴めば女性でもできてしまうのも魅力の一つです。

 

寒さが厳しくなると、恋しくなる火の温もり…

週末には府内町家モデルハウスでご体感いただけます。

 

薪ストーブの温もり、暖かさを感じに、是非ご来場ください。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

エコプロ2017

2017.12.05
府内町家リノベーション

日本最大級の環境と未来を考える展示会、「エコプロ2017」に出展いたします!

東京ビッグサイトに全国から約600もの企業や団体が集まります。

テーマは「持続可能な社会の実現に向けて」

 

このテーマ、生活するうえで無視できる人は誰もいません。企業もいません。

当日はありとあらゆる分野から、このテーマに沿った展示がずらーーーっと並びます!

 

教育や講演会やタレントを交えてのイベントも多々。

 

弊社はその中で、地域材を利用した新しい木造工法の提案を持っていきます!

とりわけ、古民家をはじめ、リノベーションにその工法を活用したい。

多くの人にアピールして来ます!

機会があれば、皆様もぜひお越しください。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

バージョンアップ

2017.12.02
府内町家

みなさん、こんにちは!

日中もあまり温度が上がらず、本格的に冬に突入しようとしています。

関東の方では11月で初雪を観測したようで、九州もホワイトクリスマスなるか?

 

長男が小学生にあがり、私もバージョンアップしないといけないとひしひしと感じます。

 

まず、何が違うのか。

 

子供たちが小さい場合は、子供自身がまだ周りのことをよく理解していないので、

とにかく「お母さんは、あなたが大好きだよ。」

「大事、大事だよ。」と子供の存在を認めてあげることが大切だと、思います。

その子本来の良さを認めてあげる、というような感じです。

 

でも小学生にあがると今度は社会とのかかわり方を教えてあげないといけません。

自分がその社会でどういう立ち位置に立つのか。

もちろん最終的には子供が自分で決めることだと思います。

ただ、小学生にあがったばかりの子だとまだ他の子たちとのかかわり方がわからないと、思うのです。

そして、それを教えてあげられるのって本当に普段親がどう社会と接しているのか

ということをとおしてだと思うのです。

 

「私」はちゃんと生きているのか。

逃げてないか。

子供たちはすぐ見抜きます。

 

毎日を大切に生きるヒントを子供たちはいつもくれています。

子育てって、本当に親も育てられているのだと感じる毎日です。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

質の高い暮らし

2017.11.30
府内町家

先日、OB様の2年点検へお伺い致しました。

 

まず、玄関でお出迎えしてくれたのは渋くてカッコいいバイク。

玄関脇にオブジェのように飾れたバイク。建屋や庭木とのなんともいえない一体感。

コレを見ただけでなんとなく質の高い暮らしをされているなと感じました。

 

中へお邪魔してもやはり整理整頓され綺麗な室内。

不具合は一切無く、とても快適に暮らされているとのこと。

 

ウォークインクローゼットに並ぶ洋服は整理されハンガー掛けの洋服には

奥様のお手製の埃カバーが...。

ウッドデッキのお手入れもご自分でされたとのこと。

 

丁寧に暮らされているのがわかります。

 

質の高い暮らしとは何なのか人の価値観は様々です。

 

とにかく贅沢にお金をかけた暮らしなのか

 

お金をかけずとも自分が納得する暮らしなのか

 

私は、自分が出来ないということもありますが

このOB様の様に趣味を暮らしに取り込んだ丁寧な暮らしに憧れます。

今は程遠い生活を送っていますが...先ずは丁寧な暮らしを心掛けたいですね。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

おおいた住まいの健康リフォーム博

2017.11.28
府内町家リノベーション

11月18・19日に大分駅上野の森口大分いこいの道広場Cで

おおいた住まいの健康リフォーム博に出店してきました。

2日間はとても寒い中でしたが、多くのお客様に御来場して頂きました。

今回のイベントのテーマは健康リフォームということで

断熱材や素材などにこだわった会社が出店していました。

 

築年数が経っている家は、

断熱材の性能やユニットバスなどの水回りの性能は今に比べればかなり劣っています。

年配の方はお風呂場でヒートショックを起こしてしまったり

アレルギー体質の方はアレルギーが過敏に反応してしまったり

住まいをリフォームするうえで、色々と気になることがあると思いますが、

是非、健康な住まいのリフォームをしていただきたいと思います。

 

今回も様々な会社が出店しておりお客様にとってとても良い機会になったと思います。

これからもイベントがあれば出店しますのでぜひご来場ください。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

あたらしくてきれいなものと、ふるくてうつくしいもの

2017.11.27
府内町家

突然ですが、チェコ共和国の首都プラハに行ってきました。

お金を貯め休みを貯め、長い長い時間をかけて飛行機に乗り、

中世の世界遺産、芸術の街にたどり着きました。

はじめて間近に見たこの街の風景は、ただ、ただ美しい。

美しいものを「美しい」という言葉でしか表現できないのは、文章がへたくそな証拠ですが・・・。

プラハ城や教会・修道院はもちろん荘厳で宗教的な美に圧倒されますが、

普通のアパートや街並みなんかがとてもいい。

石畳の道が歩きにくいけれど、とても落ち着きます。

石、しっくい、街路樹、石畳・・・そして建物のシルエット。

すべてが計算ではなく、使いやすさや便利さではなく、

おそらく先人から受け継いだものと培われた精神性で成り立っているような気がします。

 

ここには、新しくて汚いものと古くて美しいものがありました。

新しくてきれいなものなんてないのです。

きれいなものはいつかは汚れていきます。

美しいものだけが時間の経過に抗うことができ、残っていくことができたのです。

 

そんなことを考えながら、プラハの街をぶらぶら歩き回りました。

そうそう、ビールとソーセージは絶品ですよ。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

薪ストーブのある住まいの見学会

2017.11.25
府内町家リノベーション

薪ストーブの煙突が目を引く素敵な住まい。

薪ストーブにも様々な種類がありますが、

シーズンオフの夏には素敵なインテリアになること間違いなし!

女性に人気がありそうな機種です。

 

ココは、来週末に行われる見学会場。

一番眺めの良い南側が閉ざされた住まいが見事に生まれ変わりました。

ご希望の多い平屋の住いであり、

ご相談の多いペットと暮らす住まいです。

 

是非、皆様の御参考にご参加ください。

見学会などイベント情報はコチラ

お待ちしております。

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

地鎮祭

2017.11.24
府内町家

またひとつ、新しい府内町家の工事が始まります。

今日は地鎮祭。

夕方の地鎮祭だったので、少々風が冷たかったのですが、

N様ご夫婦それぞれのご家族様も参列いただきました。

お子様たちもお母さんと一緒に、2礼2拍手1礼。

しっかり、役目を果たしていました。

山々の眺めが本当に素敵な場所。

南・北、どちらを向いても、美しい山並みを見ることができます。

お引き渡しは来年の春。

その頃は、山桜がN様ご家族を迎えてくれるでしょう。

さらに気を引き締めて、工事を始めてまいります。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.