TOPへ

大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • カフェ
title

癒しの時間を求めて

2018.04.15
カフェ

長く寒い冬もようやく終わりを迎え、待ちに待った春の陽気がやってきました。

花粉は辛いですが、暖かい晴陽気に包まれ気分は最高です!

お花見には行かれましたか?

私も行ってきました。

癒しの時間です。

毎日の活力の為にも、自分ならではの癒しの時間をどんどん見つけて作っていきたいですね。

 

暮.Labo、4月の新入荷本の1冊にも癒しの1冊が入荷しております。

4月は桜・菜の花・チューリップ・藤・ツツジ・ポピーなど沢山の花が咲きます。

木々や花々は凄く身近な癒しですよね。

お散布がてら、お出かけした際にのんびり眺めてみてはいかがでしょうか♪

暮.Laboの窓際も今の時期、すご~く心地良いと思います。

暮.Laboにも沢山の癒しが詰まっておりますので、どうぞ足をお運び下さいませ♪

心よりお待ちしております。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

体にやさしく、美味しいお茶を

2018.03.30
カフェ

皆さんは、毎日欠かさずに飲んでいる “お茶” はありますか?

 

緑茶? コーヒー? ハーブティー?

自分の “好きな味や香り”はもちろん、“体にもやさしいお茶” を見つけてみませんか?

 

くらぼでは、いろいろな袋茶(ティーバッグ)を、ご用意しています。

ティーポットがなくても、手軽に楽しめる美味しいお茶です!

こちらは『ノンカフェインのお茶』
(お子さまも安心してお飲みいただけます!)

・「ルイボスティー」
アフリカ大陸最南端・喜望峰にほど近いシェダーバーク山脈周辺にしか生育しない植物。
ミネラル豊富、フラボノイドも多く含まれ、“不老長寿のお茶” と言われてます!

・ 「黒豆茶」
ビタミン、ミネラルの他にアントシアニンや大豆イソフラボンも豊富!
甘く香ばしいコクのある香りがオススメ。

・「ローズヒップ&ハイビスカス」
ビタミンC、クエン酸たっぷりの甘酸っぱい美肌茶。

・「生姜紅茶」
国産生姜を使用。体を温め、発汗、血行が促進されるほか、消化機能の改善や利尿作用も!

・「柚子緑茶」
風邪予防、そしておだやかな香りで、心身のバランスを整えリフレッシュ!

これらのお茶は、くらぼ店内のドリンクメニュー『期間限定茶』としてもお出ししています。

 

是非、ご自分のお好みのお茶を見つけて下さい!

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

落ち着く場所in豊後高田

2018.03.26
カフェ

東野圭吾作品史上、“最も泣ける”と話題になった映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。

その舞台となった豊後高田に行ってきました。

物語は、このナミヤ雑貨店の“ポスト“が重要なキーワードとなっています。

豊後高田のこの商店街は、昭和の町という名前のとおり、

商店街に踏み込んだ途端、一気に昭和の町にタイムスリップしたかのような気分に浸ることができました。

やっぱり、落ち着く場所っていいですね。

 

豊後高田は、江戸時代・明治・大正・昭和30年にかけて国東半島で最も栄えた町で、

その活気を甦らせようというプロジェクトが“昭和の町”だったそうです。

時代の流れに合わせて近代化させるのではなく、

消えつつある昭和の街並み、落ち着く場所を大切に残すことを選んだそうです。

テーマパークではなく、その商店街で人々が実際にお店を営んでいて、

そして生活しているという、実にノスタルジーな街ですね。

 

映画の舞台となるナミヤ雑貨店のセットは、宮町商店街に建てられていました。

映画で実際に使われたナミヤ雑貨店は、撮影終了後に燃やしてしまったそうですが、

レプリカのナミヤ雑貨店は存在していたので、記念に一枚。(綺麗なので昭和感は出ていませんが…笑)

 

日本ハウジングも、皆様の落ち着く場所として安心や温もりを提供していきたいと思っています。

みんなが自然と集まる場所・帰ってくる場所になりますように。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

本を片手にお出かけしませんか♪

2018.03.18
カフェ

寒さも和らぎ、段々と春めいてきましたね♪

日も長くなり、夕方も明るくなりました。

 

お出かけ日和が増えてきたので、お出かけスポットをお探しの方も多いのではないでしょうか?

暮.Laboでは、暮らしに関する本を1800冊以上取り揃えており、様々な本があります。

中でも今の時期ぴったりなこんな本を紹介したいと思います。

桜の季節です♪

日本の桜は何と200〜300種類以上あるみたいです。

そんな桜の花言葉は『優れた美人』『純潔』『精神美』など。

美しい桜だけに、桜が持つ言葉も美しいですね。

 

日本だけじゃなく、ヒマラヤ付近やヨーロッパ、北米大陸にも数種類の桜があるみたいです。

 

もう見に行かれた方もいらっしゃると思いますが、

大分は3月下旬から4月上旬が見頃らしいのでこれから綺麗な時期です。

本を片手にドライブがてらお花見なんて良いですよね。

お弁当やおやつを準備して、花粉症に負けじと是非お花見を楽しんで下さい♪

 

その前に…

暮.Laboに

お出かけコースを是非探しに来てくださいねっ♪

本と美味しいコーヒーと共にお待ちしております。

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

小さな庭のつくり方!

2018.03.12
カフェ

厳しい冬を終え

暖かい春になると庭仕事もはかどりますね!!

 

庭づくりを始めたいけれど、

どこから手をつければいいかさえわからない・・・。

漠然とした憧れも形にしていけるコツを

詰め込んだ1冊をご紹介します。

第1章では、

『庭づくりの一歩はガーデニングプランから』

 

自分の家の敷地の中で、どこを庭にすることができるか調べることから始めます。

家の裏側や日陰・半日陰の利用の仕方まで。

意外な場所でも、庭に適したスペースになるそうです。

 

第2章では、

『1坪でもあきらめない小さな庭の緑化アイデア』

ほんの小さなスペースしかなくても庭づくりを楽しむことができます。

造園家さんが手がけた実例をもとに

・玄関前の1坪スペース

・緑の駐車スペース

など・・・

どんな庭がどんな風に変身したか見ることができます。

 

第3章では、

『こんな庭をめざしたい実例から学ぶ理想の庭づくり』

 

環境を考慮しながらも、希望はできるだけ叶えたい!

具体的にどうやって庭にしたのかを

実例を見ながら研究。

・悪条件を生かした庭

・土がなくても庭になる

・小さな植栽スペースはアイデア次第

など・・・

わが家の庭づくりのヒントになるはずです。

 

第4章では、

『場所別デザインテクニック』

 

小道や花壇、植栽スペース、構造物など

より見映えのする庭にするための生かし方、つくり方を学び

庭に「自分たちらしさ」や「世界観」で

味付けをしていきましょう。

 

第5章では、

『庭づくりの基礎と植物の手入れ法』

 

庭づくりに必要な道具や最低限、

知っておきたいことをまとめています。

せっかく植えた植物たちも生き生きと育ってこそ

すてきな庭になります。

慣れてくれば、手入れも楽しみの一つになるはず!

 

最後に、庭仕事でいちばん厄介な雑草取り。

雑草とうまく暮らすコツも掲載されてます。

 

是非、くらぼで『小さな庭のつくり方』を

手に取って読んで見て下さい!

 

暮らし×図書館×カフェ

Book Cafe くらぼもご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.