大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • カフェ
title

今年の秋から庭活(ニワカツ)してみませんか?

2018.10.13
カフェ

日が落ちるのも早くなり、少しずつ秋を感じることも増えてきました。
これから更に日没も早まるであろう秋の夜長に庭活の本などはいかがでしょう。

「庭活」それは庭を活かすこと!庭のある暮らし、自然とのふれあい、庭と共にある幸せや安らぎのこと。
花いっぱいのお庭にして寛ぎの空間を作ったり、野菜を育て収穫し、料理して味わったりと、日々の息抜きに好きな植物と過ごす時間を作って見ませんか?

庭がない!そんな人でも大丈夫。部屋の中でも庭活できちゃいます。
本中では観葉植物も枯らしてしまう作者でも簡単に育てられる、キノコに挑戦していました。
毎日霧吹きで水やりするだけで1週間から10日で発芽、しばらくしたらあっという間に成長、大収穫!
読んでいるだけでちょっと挑戦しちゃう?という気持ちになりました。

もう一冊の「まいにち植物」には、作者の集めた花やサボテン、多肉植物、エアプランツなどの風変わりな植物の写真や、身近なタネを使ってのタネまきをしていたりと興味をそそられる内容です。

中でもアボカドのタネは扱いやすく、すぐに芽がでるらしく(作者は失敗続きらしいが)観葉植物としてタネから育てるのも面白そうです。

作者いわく、花が咲いたり実がなったり、そんな時間を共に過ごす楽しみを植物から分けてもらっているとのこと。

くらぼに隣接しているtsu-nagu 1階には観葉植物や窓から眺めの良いお庭もあります。
庭活という好きな植物と過ごす贅沢な暮らしをしてみませんか?

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

家づくりにも役立つ「ラク家事」

2018.10.09
カフェ

家づくりにおいて、収納や家事動線は必ず話題になります。
そして、収納の仕方や動き方は、ひとりひとり違います。
ピシッと揃えて、見栄え良くキレイに見せる収納をする方、
とりあえず、しまって扉等で見えなくする方、
ひたすら、収納するスペースを確保して安心する方、
綿密に家事動線をシミュレーションする方等々。
個性や考え方がそれぞれ違うので、家づくりの話の中で聞いているだけでも興味深いです。

さて、そんな時に参考になりそうな本を、くらぼで見つけました。
「自分8割、主婦2割 心地良く暮らす 大人のラク家事」

「無理せず自分に合ったことをしようよ!」というのが読んだ印象です。
やってみようかなと思う項目、私すでにやってるという項目、
これは私は反対!と思う項目、こういう考え方もあるんだという項目。
色々ありますが、今まで読んだ家事本の中では、読み進められた本です。
ちなみに、私の場合、
やってみようかなという項目・・・服は順位をつけて減らす(服が多い)
私すでにやってるという項目・・・詰め替えるの、やめました(もともと面倒くさがり)
これは私は反対!と思う項目・・・ルンバ、やめました(やっぱり助かっている)
こういう考え方もあるんだという項目・・・片付けの先にある暮らし(こういう考え方をしてこなかった)

「家事」は万人共通の悩みだと思います。
これからの家づくりや、今の暮らしのヒントになりそうな1冊です。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

泥だんご&大分県産精油でバーム作り~ワークショップ開催

2018.10.04
カフェ

当店「府内町家」&「暮.Labo」では、月2回の予定で「ワークショップ」を開催していますが、ご存知でしょうか?

最近では
・「おおいたの自然素材 湯布珪藻土でオリジナルボードをつくろう」
・(陶芸教室)「耐熱土を使って陶鍋作り」
など。

来月10月は、それぞれ
・「泥だんごをつくろう!」
・「大分県産精油でつくる和蜂みつろうのバーム作り」
を予定しており、ただいま参加者を募集しています。

1.「泥だんごをつくろう!」

子供の頃に作った、あの “泥だんご ”
(現在、見本を店内に展示しています。)

今回は、お家の壁を塗る時に使う素材を使って作ります。湿気を取り、消臭の効果もある泥だんご。
キレイな色の “つるつるピッカピカ”に仕上げてみませんか?

日 時:10月6日(土) 10:30~13:00
定 員:5名(1人1個)
持ち物:タオル、汚れても良い服装
参加費:800円
締 切:9月29日(土)
※締切間近です!

2.「大分県産精油でつくる和蜂みつろうのバーム作り」

今回が初開催のワークショップです!

大分県産クロモジ精油、または大分県産ローズゼラニウム精油、くにさき椿油、和蜂みつろう等
大分の森から採れた素材を使ってバームを作ります。

これからの乾燥の季節に欠かせない“潤い”を、自然からいただきます!

日 時:10月11日(木) 10:10~12:00
定 員:6名
持ち物:筆記用具
参加費:1,800円
締 切:10月4日(木)

どちらのワークショップも、お茶と手作りお菓子付きです♪ (お菓子は、大分県産の卵黄を使用しています。)

お申し込みは、先着順にて受付します。
ホームページ、またはお電話(◆府内町家 097-567-0009 ◆暮.Labo 097-567-1009)からお申し込み下さい。

今後もいろんなワークショップを予定していますので、お楽しみに!

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

みんなの防災ハンドブック

2018.09.20
カフェ

カフェの本をご紹介します。
『みんなの防災ハンドブック』です。

世界の大地震の2割は、日本で発生しているそうです!
私たちが地震国日本で生きのびるために、
防災の知識は不可欠です!

本書では、地震や津波などの自然災害に備えての準備をはじめとし、
自然災害が起きたそのときに取るべき行動、
停電・放射能対策、避難所生活のアイデアなどを
かわいい4コママンガで紹介しています。
正しい知識をラクラク得ることができます。

親子で読めば、いざという時に
すぐに行動することができますね!

【もくじ】
1地震・災害に備える
2 地震そのとき
3 火災そのとき
4 津波そのとき
5 豪雨・台風・竜巻・雷・土砂災害・雪崩そのとき
6 停電対策
7 非常時を乗り切るアイディア
8 非常時の調理方法
9 非常時の衛生・体調管理
10 非常時のメンタルケア
11 放射能対策
12 避難生活の知恵
13 災害に乗じた犯罪対策
14 被災地を支援する方法

などです。

家族のみんなが安心して暮らせるよう、
いざという時のために知っておいて損はないです!
是非、『みんなの防災ハンドブック』
手に取って読んで見て下さい。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

大分の食材を使ったお弁当

2018.09.16
カフェ

皆さんは、どんなお弁当を作っていますか?
私が作るお弁当は、なるべく冷凍食品を使わず手作りで、もし、冷凍食品を使ったとしてもアレンジする。食材も、晩ご飯のおかずの残りを使ったり…。とお弁当を作る時は、冷蔵庫の中にある食材とよく、にらめっこしながらメニューを考えています。
ですが、出来上がったお弁当は、彩りもなく地味になってしまうので、よく子どもからは、茶色のお弁当と言われていました。

最近、曲げわっぱのお弁当箱が、味も見た目も美味しいくなると、友達から聞き、早速、曲げわっぱのお弁当箱を買って来ました。
曲げわっぱのお弁当箱は、余分な水分を吸ってくれるので、ご飯が冷めても美味しいく、湿気を吸い取るので、おかずを冷まさずに、熱いまま詰めても大丈夫で、食材も痛みにくくなります。
普通におかずを詰めても、なぜか美味しそうに仕上がるので、お弁当を作る時も、食べている時も、テンションが上がります。

今回は、大分の食材を使ってお弁当を作ってみました。
大分かぼすに椎茸、大葉に苦瓜、ごぼうは、香りも味も濃い、戸次ごぼうを使用しました。
買い物してる時は、あまり気にしてなかったのですが、大分産の野菜はたくさんあるんですね。
これからも、なるべく大分産の食材にこだわろうと思いました。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.