大分で家を建てるなら実績ある工務店の日本ハウジングで情報収集

メニュー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
日本ハウジングブログ

家づくりに欠かせないカーテン

2018.09.28
インテリア

カーテンのいらない数々の家づくりをご覧いただいていますが、カーテンが欠かせない場所もありますよね。

ハトメカーテン、皆さんは御存じですか?
漢字で書くと「鳩目」、文字通り鳩の目のような形から、そう呼ばれているようです。
布などに穴を開けてヒモを通す時の穴の部分のコトで、封筒等にも使われる穴がほつれないように付けられた金具の事も、そう呼ぶそうです。

ハトメカーテンは、1.5倍ヒダや2倍ヒダという主流カーテンと違いヒダのないフラットタイプの生地に一定の間隔でハトメが施されています。
カーテンレールではなく、ポールや突っ張り棒などに通して使用するため、インテリアに気軽に取り入れられます。取り外しも簡単、コンパクトに畳めるので、間仕切りや模様替えにも便利です。
シンプルでお洒落、比較的カジュアルな印象になりますが、大柄な生地は柄を活かした表現ができインテリア性の高いカーテンと言えます。

日本ではあまり馴染みがありませんので弊社の施工実績も多くはないですが、アメリカなどハトメカーテンが主流となっている国も多くあります。

家づくりに欠かせないカーテンですが、皆さんの家づくりに「ハトメカーテン」取り入れてみませんか?!

 

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

大分でひまわりと言えば

2018.09.26
エクステリア

大分でひまわりが見れる場所と言えばどこを思い浮かべますか?
私はまず豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場を思い浮かべます。
ここ数年、毎年行きたいと思ってはいるのですが、一昨年は行けず、昨年は行ったものの咲いている時期のちょうど狭間で行ってしまい見れず・・・
ようやく今年見ることが出来ました。
夏らしいことが出来ていませんでしたので、少し遅めの夏気分。

ひまわりと言えば太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ると思っていたのですが、実際に実物を見てみると違う。
花が開く頃には生長が止まるため動かなくなるそうで、午後見ても全部太陽に背を向けて東を向いていました。
8月下旬に行ったのですが、最近咲いたであろうひまわりと、満開のひまわりと混在している中で、全部が凛と同じ方向を向いて咲いている姿が素敵でついついたくさん写真を撮ってしまいました。
逆光だったのだけ心残りです。

他にも大分でひまわりが見れる場所は
・大神ファーム(日出町)
・くじゅう花公園(竹田市)
・野津町川平地区のひまわり畑(臼杵市)

長崎鼻であれば9月の中旬ごろまでひまわりが見れるそうです。
まだ夏を楽しんでいない方は、是非行ってみてはいかがでしょうか?

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

リノベーションの写真撮影

2018.09.24
建築

先日、完成したお家の写真撮影が行われました。
今回はリノベーションの現場でした。
毎回プロのカメラマンさんにお願いしてカッコいい写真を撮っていただいています。
私達スタッフも同行しているのですが、それは写真撮影を見守るためだけではありません。
日本ハウジングこだわりの設計デザインを生かした角度から撮ってもらいたいので、この部屋はこのアングルから!このアングルからだとデザインの良さが写ってないから意味がない!などと、日本ハウジングの建築の良さを最大限に引き出した写真を撮ってもらうために、カメラマンさんと私達スタッフはああでもないこうでもないと、意見を飛び交わし、時には張り詰めた空気になりながら、写真撮影といえども現場はまさに“しらしんけん”です。
この光景を目の当たりにする度に、まだまだ駆け出しの私は、奮い立たされる気持ちになります!
やっぱり、本気で仕事をしている人の姿はとても格好いいです。
次の写真撮影も楽しみです。

プロだからといってカメラマンさんだけに任せっきりにするのではなく、1ショット1ショットに精魂込めて、私達スタッフも一丸となって全力で写真撮影に挑んでおります!
出来上がった写真は、弊社ホームページのギャラリーからご覧いただけます。新築カテゴリー、リノベーションカテゴリー、それぞれのページがございます。
また、モデルハウスにも今まで施工したお家の写真を、写真集にして多数ご用意しております。
リノベーションの写真集は、before・after 写真を見開きページでご紹介しておりますので、ホームページよりも更にイメージしていただきやすいかと思います。
ご自由にお手にとってご覧いただけますので、ぜひ弊社モデルハウスにご来場ください。

 

大分で家を建てるなら
今あるモノを活かす府内町家リノベーション

 

大分の彼岸花の名所

2018.09.22
エクステリア

秋のお花として思い浮かぶのは何でしょうか?

優しい色合いのコスモスが代表的かもしれませんが、真っ赤1色で咲き乱れる彼岸花もなかなか見応えがあります。

『彼岸花』という名前の由来は、秋のお彼岸の時期に秋分の日と前後の日だけに花を咲かせることから名付けられたと言われています。

【2018年の秋のお彼岸】
9月20日(木)~9月26日(水)
※ 秋分の日を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間

そして『彼岸花』は別名『曼珠沙華』(まんじゅしゃげ)と言われているのもよく耳にします。
「天上の花」という意味で、おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から降ってくるというところから名付けられたようです。

また、球根に毒を持っているので「毒花」と言われることもあるそうです。おめでたい名前から不吉な名前までいろいろな名前をもっているお花です。

そんな彼岸花ですが、いくつか名所があり、そんな名所の中では埼玉県の『ひだか巾着田』が有名で約500万本もの彼岸花が咲き乱れるそうです。

そして大分県にも名所がありました。
竹田市の「七ツ森古墳」の周辺です。
600坪ほどの広さに約20万本咲き、地方では珍しい群生地だそうです。
大林宣彦監督の映画「22才の別れ」での回想シーンにこの大分の彼岸花が登場し有名になったそうです。

『大分県観光情報公式サイトより』

開花していている状態の彼岸花を観るポイントは、空気が乾燥している状態が続いた後に雨が降ると、降った後に花が一斉に咲く現象が起こるらしく、雨後の彼岸花とも呼ばれているそうです。

毎年9月中旬に『七ッ森彼岸花祭り』が開催されます。
記録的猛暑でうんざりした暑さもやわらぎ始めるころです。
秋の訪れを感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください

 

みんなの防災ハンドブック

2018.09.20
カフェ

カフェの本をご紹介します。
『みんなの防災ハンドブック』です。

世界の大地震の2割は、日本で発生しているそうです!
私たちが地震国日本で生きのびるために、
防災の知識は不可欠です!

本書では、地震や津波などの自然災害に備えての準備をはじめとし、
自然災害が起きたそのときに取るべき行動、
停電・放射能対策、避難所生活のアイデアなどを
かわいい4コママンガで紹介しています。
正しい知識をラクラク得ることができます。

親子で読めば、いざという時に
すぐに行動することができますね!

【もくじ】
1地震・災害に備える
2 地震そのとき
3 火災そのとき
4 津波そのとき
5 豪雨・台風・竜巻・雷・土砂災害・雪崩そのとき
6 停電対策
7 非常時を乗り切るアイディア
8 非常時の調理方法
9 非常時の衛生・体調管理
10 非常時のメンタルケア
11 放射能対策
12 避難生活の知恵
13 災害に乗じた犯罪対策
14 被災地を支援する方法

などです。

家族のみんなが安心して暮らせるよう、
いざという時のために知っておいて損はないです!
是非、『みんなの防災ハンドブック』
手に取って読んで見て下さい。

 

暮らし×図書館×カフェ
大分を楽しむならBook Cafe くらぼ

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.