大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • nav_home_off
  • ブログ
日本ハウジングブログ

美しさの起源

2018.07.10
建築

先日久しぶりにカモシカ書店に行ってきました。そこで偶然見つけた本がこの本。ヘンリー・スコット・ホランドという人が書いた「さよならのあとで」。ここで内容は触れませんが、本の装丁に一目惚れしてしまいました。ていねいにていねいに作られた装丁。写真を見ていただければわかりますが、表紙は昔ながらの凸版印刷です。すこしざらっとした紙質はワトソン紙のよう。いいでしょうこの凹凸感。かなりの部分を手作業で作っているはずで、おそらく発行部数は少ないはずです。でも、この本をつくった編集者や装丁のデザイナーの作り手のセンスと「この本をこの形で世に出さなくてはならない」という使命感に感激してしまいました。ていねいにつくる、というクリエイターなら当たり前のことをここまでのレベルに高めるって、素晴らしいことだと思います。見習わなければ。

・・・というわけで、宮崎県は高千穂の天岩戸神社に行ってきました。写真は西本宮の門にあたる部分。緑の木々に囲まれた美しい直線の屋根は、私たちがすばらしい建築に触れたときに思う「原風景」です。日本という温帯モンスーン(造語!)の建築のある風景はきっとこの形が理想なのですよ。軒が深く開口部が広い。その向こうの風景はレイヤのような多層構造です。緑なす木々が影をつくり、地面の石畳は誘導線としてパースペクティブを強調しています。神社のレイヤ構造は「その向こうにあるなにかの気配を感じさせる」宇宙観です。

上記ふたつの造形に共通しているもの。わかりますか?
立体感と空間感です。
凸版印刷の凹凸は印刷物というカテゴリーを超えて、紙の手触りや質感が気持ちよい。神社の多層レイヤは建築単体ではなく、いくつもの要素(屋根、緑の木々、石畳、奥之院・・・・)を奥行きをもって配置することにより、そこにひとつの小宇宙をつくっている。
私たちの時代はできるだけ手間を省き、単調な答えで済まそうとします。シンプルはグローバリズムの美点の一つではありますが欠点でもあります。「深さ」や「感触」を忘れてしまっては滋味を味わう機会が失われているのではないでしょうか。

大分で新築を建てるなら
府内町家もご覧ください。

 

お気に入りの器で料理を楽しむ

2018.07.08
インテリア

少し前になるのですが、5月のゴールデンウィークに有田陶器市に器を見に行って来ました。

有田焼は、佐賀県の有田町で日本で初めて磁器が焼かれた産地として、400年間に渡り、食器や美術工芸品を世界にその美しさを知らしめてきた焼き物です。
有田焼には、色んな表現方がありますが、その中でも絵付けは、色鮮やかな釉薬を使用し描かれており、東洋の美と称され続けています。
有田陶器市では、素敵な器ばかりで、器を見るたびに、この器にはどんな料理がいいのだろうかと考えながら見て歩くのが、とても楽しかったです。
暮らしの中で、美しい器で美味しい料理をいただく、そんな幸せな時間をたくさんもてたらいいですね。

カフェには様々な器の本をご用意しています。

カフェの横にあるショップでは波佐見焼の器をおいています。
カフェにもショップにも是非お立ち寄りください。

暮らしを彩る家具&雑貨
インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

新築工事が始まります。

2018.07.06
建築

新築の府内町家が、また1件着工します。
今日は建築地に、地縄張りを行いました。

新築の場合、間取りが確定したら、建築地に実際に建物が建つ位置に、
紐を張って位置を示します。
通りすがりで、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

地縄を張ることによって、庭や駐車スペース、建物とお隣さんの塀との距離等、
体感することができます。
また、玄関の位置やリビングからの眺め等も確認できます。
新築の打合せは机上での話が多く、想像することだけですが、
実寸の物があると、歩くことができるので、よりイメージが広がります。

リノベーションは今ある建物を活かすので、体感しながら打合せができますが、
新築ではそうはいきません。
地縄を張って確認することは、新築では唯一体感しながらの打合せです。

上記の写真は、張った地縄の位置が間違っていないか、
現場監督が確認をしているところです。
この後、お客様と打合せを行い、建物を少し移動することになりました。
現地で歩いてみたり、車を停めてみたり、周りの景色を見たりしたことで、
移動を決めました。
頭だけではなく、体を使った打合せも大事です。
これから暑くなるので、外での打合せは大変ではありますが、
みなさま、なにとぞご協力よろしくお願い致します。

 

大分で新築を建てるなら
府内町家もご覧ください。

 

夜をえがくひかり

2018.07.04
エクステリア

少し前になりますが福岡で開催された照明セミナーに参加してきました
照明セミナーの中でもエクステリアに特化したセミナーは数少ないのでワクワクしながらの参加です

コイズミ照明という照明器具メーカーの「ⅬCR」という部署の方が講演をしてくださいました
「LCR」なんだかカッコいい名前! ライティング・クリエティブ・ルームの略だそうです!

我が社も作りたい!「GCR」ガーデン・クリエイティブ・ルーム!

照明の役割は日本古来の考え方も交えて奥が深い
きらびやかにただ照らすのではなく「マインドを刺激する」のが大切らしい。

美しさを感じる光の演出は確かに見ていて飽きないですよね。
ただ美しいだけではなくキチンと役割も果たしている
それが一日中見られるわけでなく夜にならないと見ることが出来ない・・・ここもまたポイント

基本的な役割や配置はきっと大昔から変わっていないもの。灯篭の灯がLEDに変わったけれど
・おもてなしの灯
・導く灯
・目線の先を照らすさそう灯
・歩きやすく配慮する灯
そして全体のコーディネート
寺院や墓地、庭園を歩いてみるとよくわかると思います。

昔から灯篭にも「障りの木」を植え小さな灯で木々を照らして人々は夜の風景を楽しんでいました
今でも変わらず照明の先や周辺には樹木があり四季折々の夜の風景を楽しんでいますよね。
こんな日本人独特の感性 私は大好きです
樹の照らし方一つにしても技術ではなく感性では外国の方には負けないものをもっています

夜をえがくひかり たっぷりマインドを刺激されてきました!

 

大分の庭づくりは
ガーデン&グリーン「春夏秋冬にお任せください。

 

スタイリッシュすぎる竈門神社

2018.07.01
建築

みなさんは、お気に入りの神社はありますか?
私は大宰府にある竈門神社がお気に入りです。

竈門神社の御神紋は“桜”なんですが、そこもまた自分と縁があるようで好きなのです。
そしてなにより、竈門神社の雰囲気が、好きなのですよね。何度行っても飽きません。
お守りを売っている授与所の天井は、御神紋のさくら柄です。

この竈門神社、『福岡にある神社がスタイリッシュすぎる!』ということで、ネットでも話題になりました。
神社建築のエキスパートの種村強氏が建築を担当し、授与所のデザインを世界的インテリアデザイナーの片山正通氏が手がけています。

竈門神社の境内には“サイカチの木”という、再会を願う木があります。
この日一緒にお参りに行っていた友達が、どうしても再会(復縁)したい人がいて、『もう一度会わせてください』と木にお祈りし、100円奉納しました。(普段は15円なので、この時は大奮発した結果100円だそうです。笑)
そしたらなんと!後日本当に会うことができたそうです。
話を盛っているようですが、本当の話。
私も別れがあり悲しみに暮れていますが、これからも定期的に“再会”できるように、サイカチの木にお願いに行こうと思います。

 

大分で新築を建てるなら
府内町家もご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.