TOPへ

大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • nav_home_off
  • ブログ
title

愛のあふれる家の上棟式

2018.04.13
建築

先日大分市内で新たに府内町家の1棟が上棟しました。

ちょっと雨は降りましたが、虹が出る良い天気。

 

上棟は棟上げともいい、新築のとき柱梁などを組み立てた上に棟木を上げること、

またその儀式のことを言います。

職人さんの作業が終了した後、関係者が上棟後の家の中に集まり、上棟式を行います。

 

式の後のお餅まきも儀式。

元は「散餅銭の儀」という災いを祓うための儀式の中で、

餅と銭をまく事がもとになっているようです。

家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、

その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。

古い時代には、家を建てるということは、(地域)の共同体による共同作業。

「家を建てる」=「富がある」ということの象徴で、

その富を地域の共同体で分け与えることで、

厄災(家を建てられない人の嫉妬も有ったと思います)を避けるために、

神饌であり保存食でもある『餅』や富の分配の形としての『小銭』をまく(分配する)ことが、

地域の共同体の中での生活を円滑におこなうための習慣だったようです。

平安時代から鎌倉時代にかけて上棟式そのものの習慣が広まり、

一般庶民も行うようになったのは江戸時代からとの事。

 

今回のお餅まきでは、お施主様のお知り合いやご近所の方がたくさん集まっており、

厄除けのためにお餅まきをしたというよりも、

お施主様の愛をお世話になった方々に振る舞っているような、人柄にじみ出ている温かい儀式でした。

 

S様、上棟おめでとうございます!

引き続き工事の進捗が楽しみです。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

使う場所を選ばない!シンプルな机

2018.04.11
インテリア

色とりどりの花も咲きほこり引っ越し、新生活、入学シーズンを迎える季節です。

 

小学校入学前は、ピカピカのランドセルも嬉しかったのですが

学習机にすごく憧れがあり、自分だけの専用スペースとなる机は大人になった気分になり、

誇らしくて嬉しくて仕方がなかったのを思い出します。

 

学習机というと、人気キャラクターや収納いっぱいの棚付きが目を引きますが、

最近ではながく使えるシンプルで飽きのこないデザインが人気で、

大人になっても使えるような素材のものをお探しの方も多いそうです。

 

インテリアショップtsu-naguにも

『使う場所を選ばない!シンプルな机』ございます♪

お部屋のインテリアに合わせて、DIYで作られる方もいらっしゃったり

学習机といえどもみなさまいろいろと考えられています。

 

成長や学年によっても、必要とする机の広さや高さが違ってくるため

あんなに嬉しかった机もだんだん物置き化してしまうなんてことも多々ありますよね。

 

最近はリビング学習という言葉もよく耳にします。

家族全員が使える省スペースのシンプルな机をリビングの一角に置いてみたり、

こだわりの素材でながく使えるものだったり、お部屋の置きたい場所にぴったりサイズのものだったり、

ずっと使い続けることができる机って理想的ですよね。

たくさんのモノを見て、触れて、思い入れのある一生もののステキな机を是非見つけてください。

 

暮らしを彩る家具&雑貨

インテリアショップtsu-naguもご覧ください。

 

「地を鎮める祭り」地鎮祭

2018.04.09
建築

暖かい風を感じられる気持ちの良い日に

地鎮祭に参加してきました。

 

この日は「大安」と日が良くて

午前、午後と2組のお客様が

工事着工時の儀式を行いました!

地鎮祭とは、「とこしずめのまつり」とも言い

これから家を建てるための作業に

取りかかる前の安全祈願。

土地の神々の霊を鎮め

敷地の穢れを清め祓って

永遠の加護と安全成就を祈願する

字のごとく「地を鎮める祭り」です。

土地の神様?にはこのような神様がいるそうです。

・氏神(うじがみ)大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)
→その一族の守り神、守護神のことです。

・産土神(うぶすながみ)
→生まれた土地を守る神様で、その土地で生まれた人の
一生を見守って下さる存在です。
※七五三やお宮参りなどの時にお参りする神様でもあります。

・鎮守神(ちんじゅがみ)
→その地域一帯や建物を守護するために祀られた神様です。

 

地鎮祭が終わると、いよいよ着工です。

騒音や埃などでご近所様には

何かとご迷惑をかけてしまうことがありますので

着工前のご挨拶に伺います。

 

「地を鎮める祭り」・・・

これから工事を始めるにあたり

心が引き締まる思いです。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

桜の花を見にお出かけしませんか?

2018.04.07
エクステリア

4月に入り、急に暖かくなって来ました。

桜の花も一気に開花し、満開になっています。

桜の花は、開花から三分咲き、五分咲き、八分咲き(満開)と花の数の割合で呼び方が変わり、

開花してから10日〜2週間ほどで、葉桜になってしまいます。

綺麗なうちに桜の花を見にお出かけしたいですね。

大分の桜の花の名所は、
大分城址公園
一心寺
臼杵城址
岡城跡
などがあります。

最近は誰もが言う、インスタ映えする写真を撮って投稿するのも、

桜の花を見に行く楽しみのひとつになりますね。

 

大分と建築が好きな外構屋

大分の庭づくり「春夏秋冬もご覧ください。

 

音楽と住宅デザインの意外な意外性。

2018.04.05
建築

突然ですが、音楽の話。

音楽には構造があります。

単純な例でいうとロックンロールのスリーコード。

三つの和音を延々繰り返すだけで曲になるという構造。

けっこう単純です。

 

大きな例でいうと交響曲のソナタ形式。

必ず第一楽章から第四楽章までの「起承転結」の構造になっています。

まるで長編小説や大河ドラマです。

クラシック音楽でいちばん構造を(おそらく最初に)意識して打ち出したのはJ.S.バッハ。

ひとつ「調」をきめてバリエーションをどんどん増やしていく技法ですね。

有名なのは「フーガの技法」や「ゴルトベルク変奏曲」。

僕なんかただただ、きれいだなあ、きもちいいなあと思って聴いているだけなのですが、

その気持ちよさの向こうにはちゃんとした構造が隠されているわけです。

リスナーは意識しないけれど作り手はちゃんと意識しているもの。

普段は隠されている構造ですが、坂本龍一さんがグレングールドのバッハの演奏を聴いた時に

「なんて構造的な弾き方をしているんだろう」と感心したそうです。

そう、グールドはバッハをメロディーに溺れることなく構造的に弾いてみせる。

一見すると乱暴で粗野な演奏に聴こえるかもしれませんが、

いままで聴こえなかった旋律が現れる。

楽譜ではわからない(もしかするとバッハ自身もしらなかった)

音が聴こえてくるかもしれないという構造というものの不思議。

これがなければ面白くありません。

じつは住宅のデザインをしているときにふと感じるのが、この「意図せず」あらわれる美しさだったりします。

線をそろえたり奥行を感じさせたり、その都度工夫をしてデザインを成り立たせているのですが、

あまり「見え見え」になるのは避けたい。

どこかで偶然的な美しさを誘発したいと思う時に必要なのがデザインにおける構造というやつです。

 

理屈はわからないけどなぜだか気持ちよく感じたり美しいと感じたりする時があります。

それは建築の隠された構造のなせる業なんじゃないだろうかと思う今日この頃。

右手と左手で別々に奏でる旋律から立ち上がってくる隠れた旋律。

そこに意外性という驚きに満ちた美しさがある住宅がつくりだせたら、

きっとすばらしい構造が眠っていることでしょう。

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.