大分の自然素材で建てる新築・リノベーション。日本ハウジングは家を建てる前も建てた後も豊かに暮らすサポートをしていきます。
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • nav_home_off
  • ブログ
title

本当に大切なものは、外からやってくる

2017.05.18
府内町家

どんな家が気持ちいい家なのか。

そもそも気持ちがいいとは「どんなこと」をいっているのか。

人によっていろんな答えが返ってくると思いますが、

今日はその答えのひとつとして「外からやってくるもの」に目を向けたいと思います。

 

こんな家のプランニングを考えてみました。

 

窓から緑が見えること。

しかも一つの窓からではなく、いくつかの窓から違った風景と、違った見せ方をする窓。

正面の窓はウッドデッキから続くいちばん大きな窓です。

デッキの向こうに緑があり広がり感が気持ちいいのです。

右側の窓はダイニングテーブルと高さをそろえた窓です。

ごはんを食べながら外の景色を眺めます。

左側の窓はキッチンから眺める窓。

じつはキッチンに立つ間はかなりの長時間。

少しでもキッチンに立つことが楽しくなればいいな、

家事の手を休めて緑を眺めることができたらいいなと思って作った窓です。

 

絶景の土地なら風景を取り入れたいですが、

絶景がなければ庭をちゃんとデザインしたい。

それぞれの窓の性格に合わせた緑なら、

ここが街中の住宅地であることを忘れることができると思います。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

5月の風に吹かれて

2017.05.17
Garden&Green 春夏秋冬

新緑の季節です。

あちらこちらで、可愛い花が咲き始めています。四季の中で一番好きな瞬間。

寒い冬を越え、新芽が出るのをちょっと心配しながら待ちわびる。

黄緑色の可愛いい葉が芽吹いた時はホット安心。

 

カツラの木
今年も可愛いいハートの葉が芽吹いてきました。今度は秋の紅葉が待ちどおしい。

 

山ではフジの花が咲き紫色の花が新緑の間で5月の風に吹かれています

 

今の季節のナンバーワン
ハナミズキも可愛いけれど、僅差でオオデマリ!!

初夏の青空を背景に真っ白なボール状の花を咲かせると、本に書いてありました

まさにその通り!!

 

爽やかな白も素敵ですが、ちょっと甘ーい感じのピンクも可愛いですね。

次はアジサイが咲くのを待っています。。。

 

大分と建築が好きな外構屋

大分の庭づくり「春夏秋冬もご覧ください。

 

地鎮祭

2017.05.16
府内町家

最近だいぶ日差しが強くなり日焼けが気になります。

GWの休みに外で運動してるといつの間にか真っ黒、、

やはり日焼け止めは重要なんですね、、

 

さて先日地鎮祭を行ないました。

よく晴れた日でした。

式の最中に半袖になるくらいあったかい中での地鎮祭となりました。

無事に式は終わり、これから造成工事、基礎工事へと本格的に始まっていきます。

一つずつ心を込めて工事に臨んで行きたいです。

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

古民家リノベーション

2017.05.15
府内町家リノベーション

古民家をリノベーションするときに避けては通れないこと。

それは構造の歪みを直すこと。

人間に例えれば骨格の矯正でしょうか。

 

床下からの湿気で柱の根本が腐って下がってしまったり、

長年の地震の影響などで傾きがでるなど、

状態の良い古民家でも程度の差はありますが歪みがあるものです。

その対策として、基礎コンクリートを打設したり柱の一本一本を不陸調整したりします。

こちらはワイヤーで引っ張って傾きの矯正をしているところ。

このような工事は古民家ならではといったところでしょうか。

プロの職人さんあってのリノベーションです!

 

今あるモノを活かす

府内町家リノベーションもご覧ください。

 

グリーン雑貨

2017.05.14
Garden&Green 春夏秋冬

こちらのグッズ、一体何かご存知ですか?

天然素材、ラフィア麻のひもです。

 

フラワーアレンジに、プレゼントのラッピングにも、手軽に結んで使っていただけます。

(ちなみに…ひもを入れているプラスチック洗面器も、便利グッズです!)

 

今月くらぼ店内には、グリーン関連の雑貨をディスプレイしています。

スコップ、剪定ばさみ、植木鉢、ウォーターリングカン等など…

気になる物を、是非お店でチェックしてみて下さい!

 

大分と建築が好きな外構屋

大分の庭づくり「春夏秋冬もご覧ください。

 

ⓒ 2015 Nihon Housing co.