大分で家を建てるなら日本ハウジングのブログで情報収集

メニュー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • nav_home_off
  • ブログ
  • 建築
  • 記事
title

大分の仮設住宅

2018.03.20
建築

東日本の震災から、7年が経過しました。

この7年の間、我々が住んでいる九州においても、おととしの地震や豪雨災害が発生。

先日からの新燃岳の噴火など、日常生活と自然災害はとても近接していると実感する毎日です。

 

災害時、まず我々建設に携わる者の出番となるのが応急仮設住宅。

熊本地震時では発災から14日間で仮設住宅着工。日常よりそのスキームを整えておく必要があります。

 

福島や熊本において、木造で建てる快適な仮設住宅を数多く供給を行なったのが、

全国木造建設事業協会「全木協」です。

木でつくる仮設住宅は鉄骨プレハブに比べ、暖かく落ち着く等、住まい手に優しい家です。

 

この全木協とは、全国約3000社の工務店と約62万人の大工さんなどの職人さんで構成される団体です。

災害時には、全国から被災地へ向けて仮設住宅建設の応援へ向かいます。

熊本地震においても我々も応援に向かい、全国の大工さんたちと多くの木造仮設住宅を建設して来ました。

弊社はこの全木協の大分県主幹事工務店。

先日はその任命式。内閣府や復興庁、国交省の皆様に来賓いただき、

各都道府県の主幹事工務店への任命が行われました。

日頃からのスキーム整備と、全国の工務店との協力体制の整備。絶対におろそかにするわけにはいきません。

あとは、その時が来ないことを願うばかりです。

 

 

大分の木造住宅

府内町家もご覧ください。

 

ti_01
ⓒ 2015 Nihon Housing co.